賃貸や住宅購入には様々な方法とメリットが存在します

時代と賃貸住宅

賃貸物件の変遷について

賃貸物件のトレンドは時代の流れと共に変わってきました。まず、高度経済成長時代の日本はとても景気が良かったのです。羽振りの良かった人たちがどんどんと賃貸物件を収益物件として購入していきました。そのような流れにあっては賃貸価格は上がっていきます。また、物件そのものについても豪華なものが求められていきました。派手な物件を高値で売買され、それが賃貸されていたのです。そして1990年代前半のバブル崩壊以降は賃貸物件の相場が下がっていきました。売買物件についてもあらゆる物件が値崩れを起こしていきました。さらに2000年代に入っても不景気が続きました。その傾向は今でも残っていますが、徐々に回復傾向にあります。

今後の動向予測について

では、今後はどのような傾向が予測されるのでしょうか。投資家にとっては今後の流れが最も気になるものです。多くの業界関係者は今後の景気回復を予想しています。その背景としては東京オリンピックの開催決定があります。オリンピック開催にあたっては周辺環境の整備などで住居を新たに構えたいと考えている人が増えてきます。また、海外からも日本への移住に関心を持つ人が増えているのです。こうしたことから、今後の賃貸物件の相場は緩やかに回復していくと予測されています。したがって、賃貸物件を収益化したいと考えているのであれば今このタイミングで購入することが望ましいということになります。これから回復するであろう相場の流れに乗ってください。